色素沈着

脱毛後のトラブルの1つに色素沈着があります。なぜこうなるのかというと、光の出力量が強すぎたためです。やけどのような状態になり、跡が残ってしまったというわけです。なぜ跡が残るのかというと、肌は強すぎる刺激を受けると真皮層を守ろうと、メラノサイトでメラニン色素が作られます。このメラニン色素は通常なら肌のターンオーバーとともに体外へ排出されますが、何らかの理由で肌に残ってしまうと、それが跡として残ってしまうのです。つまり、肌にできたシミのようなものなのです。
そうならないように、出力を下げて照射すればいいのですが、それではなかなか脱毛の効率が上がらないので、どこまで上げるのかが重要なのです。
仮に照射によって跡が残ってしまったら、ハイドロキノンなどのクリームを塗ることで消すこともできます。ただ、ハイドロキノンを塗っている間は肌が非常に敏感になっているので、脱毛はもちろんできませんし、普段よりより一層の紫外線ケアが必要となります。
時間がかかってもいいのなら、ビタミンCなどのサプリメントを摂取したり、肌の保湿を心がけたりすることで、1年とか2年とか長い期間がかかりますが、ある程度までならセルフケアでゆっくりと自然に治すことも可能です。

コメントは受け付けていません。